メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表
ひと人

三笠産業社長 佐伯誠さん(66) /山口

「スヌーズレン」広めたい

 カーテンの奥は暗闇。だが、ブラックライトが当たると一面に夢のような世界が広がる。「『ここに来たら落ち着いた』とか、来てくれた人のそういう声が一番うれしい」。オランダで生まれた、障害者向けのリラックスと癒やしの空間「スヌーズレン」に数年前から力を注ぐ三笠産業(山口市)のショールームで柔和に語る。

 スヌーズレンは、自由な探索や、くつろぎを意味する造語だ。五感の刺激とリラクセーション効果が考慮され…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  3. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです