メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米英仏

シリア攻撃 「化学兵器」3拠点 露、安保理に非難決議案

米英仏軍によるシリア攻撃

 【ワシントン高本耕太、カイロ篠田航一、ニューヨーク國枝すみれ】米英仏の3カ国は13日(米国時間)、シリアの首都ダマスカス近郊でアサド政権が化学兵器を使用したとして、シリアの化学兵器関連施設3カ所への軍事攻撃を実施した。トランプ米大統領はホワイトハウスでの演説で「3カ国は蛮行と残虐行為に対して正義の力を結集した」と述べた。一方、アサド政権を支援するロシアのプーチン大統領は3カ国の攻撃を「侵略行為」と断じて反発した。

 国連安全保障理事会は14日午前、緊急会合を開催。会合を要請したロシアは「米国と同盟国のシリア侵略は国際法と国連憲章に違反する」と非難する決議案を提出したが、米英仏は拒否権を持つ常任理事国のため採択される見通しはない。

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1104文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 「学長人事にも適用されかねない」 苅部直氏が指摘する任命拒否の「最大の問題」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです