メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

熊本地震2年「最大の復旧作戦」(その1) 二度と崩れぬ石垣に

 「このひびは地震で落下した時についたのかな」

 「ちょっと欠けているけど再利用できそうだね」

 「こっちは明治時代に修復した跡だろう?」

 そんなやりとりをしながら、作業員らが重さ数百キロもある石にメジャーを当て寸法を測る。損傷の程度や石質、加工法なども調べ、調査票に記入していく。石の表面には崩落場所などを示す管理番号がペンキで書かれている。最後に石の各面を写真に収め、ようやく次の石に取りかかる--。

 2016年4月の熊本地震から2年。「天下の名城」とされる熊本城(熊本市中央区)の内外14カ所に設けられた仮置き場には、崩壊した石垣から回収した石材が何列にもわたってずらりと並ぶ。一個一個の特徴を記録する地道な作業が続く。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  5. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです