メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米英仏

シリア攻撃 化学兵器を「抑止」 米、根拠示さず 正当性、議論呼ぶ可能性

 米英仏3カ国がシリアのアサド政権に対する軍事攻撃を実施した13日、トランプ米大統領は演説で、攻撃の意義を化学兵器に対する「抑止力の確立」で「米国の安全保障上の利益に不可欠だ」と強調した。攻撃理由として自衛権の発動を示唆した発言とも受け取れるが、法的根拠は明確にしておらず、攻撃の正当性について議論を呼ぶ可能性もある。

 化学兵器を使用したのがアサド政権だとすれば、シリアも加盟する化学兵器禁止条約(1997年発効)に違…

この記事は有料記事です。

残り1507文字(全文1716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです