メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米英仏

シリア攻撃 化学兵器を「抑止」 米、根拠示さず 正当性、議論呼ぶ可能性

 米英仏3カ国がシリアのアサド政権に対する軍事攻撃を実施した13日、トランプ米大統領は演説で、攻撃の意義を化学兵器に対する「抑止力の確立」で「米国の安全保障上の利益に不可欠だ」と強調した。攻撃理由として自衛権の発動を示唆した発言とも受け取れるが、法的根拠は明確にしておらず、攻撃の正当性について議論を呼ぶ可能性もある。

 化学兵器を使用したのがアサド政権だとすれば、シリアも加盟する化学兵器禁止条約(1997年発効)に違…

この記事は有料記事です。

残り1507文字(全文1716文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ大統領「貿易交渉で大きな進展」 ゴルフ・昼食時に首相と協議か
  2. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」
  3. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  4. 安倍首相が“速報ツイート”「同盟、さらに揺るぎないものに」 トランプ氏とのゴルフ終了
  5. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです