メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
クローズアップ2018

米英仏、シリア攻撃 米、強硬姿勢を誇示 露と衝突回避、腐心

アサド政権への軍事攻撃をめぐる構図

 シリアの首都ダマスカス近郊での化学兵器使用疑惑をめぐり、米国は13日、英仏両国と共にアサド政権への軍事攻撃に踏み切った。アサド政権を支援し、疑惑を「でっちあげ」と主張するロシアは猛反発し、対立は激しさを増している。ただし、内戦が泥沼化するシリアをめぐって軍事衝突などに発展する最悪の事態は避けたいのが関係国の本音。今回の攻撃でも、ぎりぎりの線での配慮が重ねられた。【ワシントン高本耕太、モスクワ大前仁、ニューデリー松井聡】

 化学兵器使用疑惑について、トランプ米大統領は「高い代償を払うことになる」などと述べ、アサド政権に対…

この記事は有料記事です。

残り2114文字(全文2376文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです