メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米英仏

シリア攻撃 英、「対露」で米と連携 仏、「強い指導者」強調

 【ロンドン矢野純一、パリ賀有勇】米国とともに英国とフランスがシリア攻撃に踏み切った事情を探った。

 英国では先月、ロシアの元スパイが神経剤によって襲われる暗殺未遂事件が起きていたことが影響したようだ。メイ英首相は14日の記者会見で、「シリアや英国の街角で化学兵器を使用することが当たり前になることは許されない」と述べ、英国として初めてシリアのアサド政権に対する空爆に踏み切った理由を説明した。

 メイ氏は「ロシアが事件に関与した疑いが極めて高い」として、対露圧力のために米国や欧州各国に協力を要…

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 診療所のクマ、冬眠中の親子か 3頭を捕獲、けが人なし 新潟

  4. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

  5. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです