メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん

ベトナムの患者を救おう 寄付呼び掛け

病棟の廊下に置かれた簡易ベッドで療養する子供たち=NPO法人アジア・チャイルドケア・リーグ提供

 貧困層の多いベトナム中部の都市フエで小児がんと闘う子供たちを支援しているNPO法人「アジア・チャイルドケア・リーグ」(ACCL、東京都中央区)が、現地でがん療養を担う国立のフエ中央病院小児センター増築のため、募金への協力を呼び掛けている。無菌室やがん治療室を増設する予定だが、病院の資金だけでは足りない状況。代表の渡辺和代さん(51)は「治療環境を整備することで救える命がたくさんある」と訴える。

 ACCLは、2005年からフエ中央病院と協力して活動を始め、看護師の育成や医療機器の提供、小児がん…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文629文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです