メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 B級1組 糸谷八段 「怪物くん」A級へ 自分ならではの将棋貫く

糸谷哲郎八段

 <順位戦B級1組 谷川浩司九段VS糸谷哲郎八段>

 久保利明王将、菅井竜也王位のタイトルホルダー2人、そして藤井聡太六段と、関西本部所属の棋士が大活躍している。その関西からまた一人A級が誕生した。

 今回は糸谷哲郎八段(29)を紹介しよう。糸谷は小学4年で奨励会入りし、17歳で四段に昇段。さらには大阪大学大学院へ進学する異色の経歴をもつ。早見え早指しで才能あふれる手を連発、特に玉さばきに異常な強さを見せて、「怪物くん」のあだ名がついた。竜王獲得を果たした怪物くんも、持ち時間6時間の順位戦では苦戦する。17歳でのC級2組順位戦初戦は、純粋な王手馬取りを見落として馬をタダで取られてしまった。結局C2卒業に5期かかり、C1も3期かかった。だがB2はわずか2期、そしてB1も2期目にして8勝2敗で昇級し、A級上陸を果たした。

 糸谷らしい指し回しの、谷川浩司九段(56)との将棋を見ていただこう。糸谷が先手で、初手[先]3六歩![後]3四歩[先]4八銀[後]3二飛[先]5六歩という変わった出だしから力戦に。すぐに戦いが始まって第1図に。先手玉が異様な位置にいるが、これはもともと8八にいた玉が[後]9五歩[先]同歩[後]9七歩と端攻めされたときに強く[先]同玉と取って自ら出ていったものだ。まずは目障りな5六の飛車を追って、…

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1349文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

  2. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです