メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 B級1組 糸谷八段 「怪物くん」A級へ 自分ならではの将棋貫く

糸谷哲郎八段

 <順位戦B級1組 谷川浩司九段VS糸谷哲郎八段>

 久保利明王将、菅井竜也王位のタイトルホルダー2人、そして藤井聡太六段と、関西本部所属の棋士が大活躍している。その関西からまた一人A級が誕生した。

 今回は糸谷哲郎八段(29)を紹介しよう。糸谷は小学4年で奨励会入りし、17歳で四段に昇段。さらには大阪大学大学院へ進学する異色の経歴をもつ。早見え早指しで才能あふれる手を連発、特に玉さばきに異常な強さを見せて、「怪物くん」のあだ名がついた。竜王獲得を果たした怪物くんも、持ち時間6時間の順位戦では苦戦する。17歳でのC級2組順位戦初戦は、純粋な王手馬取りを見落として馬をタダで取られてしまった。結局C2卒業に5期かかり、C1も3期かかった。だがB2はわずか2期、そしてB1も2期目にして8勝2敗で昇級し、A級上陸を果たした。

 糸谷らしい指し回しの、谷川浩司九段(56)との将棋を見ていただこう。糸谷が先手で、初手[先]3六歩…

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1349文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  2. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  3. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  4. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す
  5. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです