メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

伊東光晴・評 『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』=コリン・ジョイス著

 (三賢社・1620円)

学生時代の人間関係が生きる

 オックスフォードに学んだ人の体験的オックスフォード論である。

 オックスフォードは三八のカレッジからなっており、カレッジを受験し(大学ではない)そこに入り、そこで生活し、そこで学ぶ。教育の中心は、カレッジの教師による個人指導(チューター制)である。

 毎週、文系では与えられたテーマについての小論文を、指定された参考文献を読んだ上で書き、これを教師のもとで読み上げる。これについて質問され答え、議論と指導が行われ、次週のテーマ、参考文献が与えられる。一流の研究者による一対一のこうした指導が、オックスフォードとケンブリッジを特徴づける教育である。これに、カレッジをこえた講義が加わる。

 それは、テキストブックが指定され、多数の学生に教師が講義するアメリカの教育制度とも、ゼミナールを軸…

この記事は有料記事です。

残り1610文字(全文1976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです