メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

伊東光晴・評 『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』=コリン・ジョイス著

 (三賢社・1620円)

学生時代の人間関係が生きる

 オックスフォードに学んだ人の体験的オックスフォード論である。

 オックスフォードは三八のカレッジからなっており、カレッジを受験し(大学ではない)そこに入り、そこで生活し、そこで学ぶ。教育の中心は、カレッジの教師による個人指導(チューター制)である。

 毎週、文系では与えられたテーマについての小論文を、指定された参考文献を読んだ上で書き、これを教師のもとで読み上げる。これについて質問され答え、議論と指導が行われ、次週のテーマ、参考文献が与えられる。一流の研究者による一対一のこうした指導が、オックスフォードとケンブリッジを特徴づける教育である。これに、カレッジをこえた講義が加わる。

 それは、テキストブックが指定され、多数の学生に教師が講義するアメリカの教育制度とも、ゼミナールを軸…

この記事は有料記事です。

残り1610文字(全文1976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 座間事件 「後悔はある。もっと遊びたかった」 9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  4. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  5. 富山・クマの人身被害、5日連続 ラジオ体操帰りの3人重軽傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです