メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『国体論 菊と星条旗』 著者・白井聡さん

 ◆『国体論 菊と星条旗』 白井聡(しらい・さとし)さん

 (集英社新書・1015円)

自己目的化した対米従属

 ヒット作『永続敗戦論』の議論をさらに展開して、戦前と戦後の並行性の対比から日本の「国体」を論じた。戦前の国体とは、天皇制を指す。「これに対して、戦後の国体とは、米国へ従属する構造のことです」

 憲法9条と日米安保、沖縄の犠牲の「三位一体」を戦後の「国体」と捉える見方は、従来ある。9条が軽武装による経済成長や「平和国家」像を支え、軍事的には米国の核の傘があった。矛盾は、米軍統治や今も続く基地問題として沖縄に押しつけられてきた、というもの。

 この戦後国体論の9条に天皇、安保に米国を代入したのが、本書の議論だと言える。「昭和天皇は、マッカー…

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 新国立競技場、年十数億円赤字も だれも「手を挙げない」民営化先送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです