メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『老いぼれ記者魂』=早瀬圭一・著

 (幻戯書房・2592円)

 副題は「青山学院春木教授事件四十五年目の結末」。1973年に起きた、大学教授による女子大生「暴行」事件を追ったものだ。

 既婚者である教授が教え子と関係を持った。前者は合意の上といい、後者は無理やりだったと主張。教授は逮捕され職を失った。さらに裁判の結果、懲役3年の実刑となった。78年には最高裁で確定する。毎日新聞の記者時代に事件を取材した著者は、裁判資料…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです