メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

磯田道史・評 『熊本城の被災修復と細川忠利 -近世初期の居城普請・公儀普請・地方普請-』=後藤典子・著

 (熊日新書・1080円)

公文書でうそつく者は公文書に泣く

 城は地震の記憶装置である。地震で揺すられると、城の石垣は崩れ、ゆがむ。それを調べると、過去の地震の実態に迫れる。また石垣や建物が壊れると、修復がなされる。そうすると、古文書に記録され、一層、昔の地震のことがよくわかる。ちょうど2年前、2016年4月14日と16日に、熊本で大地震が起きたのは記憶に新しい。それまでは、熊本は地震の心配が少ない土地だと思われていた。しかし、熊本城が地震でやられてから、熊本藩細川家の永青文庫や松井文庫所蔵の古文書をもとに、過去の地震を調べなおす研究がおこなわれた。本書はその成果である。

 研究がなされてみると、江戸初期は、熊本は地震が少ないどころか、1625年の地震被害で、城がボロボロ…

この記事は有料記事です。

残り1109文字(全文1447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです