メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

高樹のぶ子・評 『聖シメオンの木菟 シリア・レバノン紀行』=井上輝夫・著

 (ミッドナイト・プレス・3024円)

夢幻と憂愁の中で新たな言葉獲得

 読み終えたとき、生命と生存の核に杭(くい)を打ち込まれたような痛みとともに、作者が私に鋭く語りかけてきた。貴女(あなた)は器用にもソコソコ上手に小説を書いてきたけれど、読者の胸に、このような杭を打ち込むことができたのですか。

 本を置いて夜空を見上げる。数年前に他界した作者に向かって、半ば腹立ち紛れの抗弁のように言い返す……私が書くことに倦(う)み疲れ、枯渇したと感じたとき、私にもまだ力が残されているという希望を見出(みいだ)すために、悔しいけれどこの一冊を読み返します。

 このような幼い高揚を、いつもなら避ける分別があるけれど、この本に関してはそれができない。書評らしか…

この記事は有料記事です。

残り1126文字(全文1448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです