社会人野球

第41回JABA日立市長杯 日立、2日連続コールド勝ち

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 社会人野球のJABA日立市長杯は第2日の14日、リーグ戦6試合が行われた。A組の日立製作所、JR東日本東北が2試合連続のコールド勝ち。D組の新日鉄住金鹿島、JX-ENEOSも2連勝とした。B組のNTT東日本、C組の三菱重工神戸・高砂は白星発進した。

森下、連日アーチ

 ○…日立製作所の8番・森下が2試合連続の一発。2点リードの四回無死一、三塁から直球を狙い打ち、豪快にバックスクリーン右にたたき込んだ。神奈川・東海大相模高で2011年春にセンバツ優勝を経験し、東海大でリーグ首位打者にも輝いた「大砲候補」だが、和久井監督は「むらっ気がある」と、下位で起用する方針を崩さない。本人もそれを自覚し、ソロ1本を含む2安打2打点をマークした前日も「次の試合で打つことが大事」と強調。社会人2年目で初という連日のアーチに「いい感覚で打てている」。飛躍のきっかけになるか。

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文963文字)

あわせて読みたい