メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京六大学野球

春季リーグ 慶大、猛攻15得点

8回を投げ東大から11三振を奪った慶大・先発の高橋亮=神宮球場で2018年4月14日午前11時6分、真下信幸撮影

 東京六大学野球春季リーグ戦が14日、神宮球場で開幕し、1回戦2試合が行われた。慶大は14安打15得点で東大を圧倒した。先発・高橋亮(3年・慶応藤沢)は8回1安打無失点。立大は八回にリーグ戦初出場の三井(2年・大阪桐蔭)の適時打で勝ち越し、早大に先勝した。

 ○…慶大の先発右腕・高橋亮が8回で11三振を奪う快投を見せた。140キロ台前半の直球とスライダーをテンポ良く投げ込み、一、五、八回はい…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  3. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

  4. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです