メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

「首相案件」 「決定打」になりうるか

=松尾貴史さん作

 学校法人加計学園の獣医学部新設をめぐり、愛媛県と今治市の職員が総理官邸で当時の柳瀬唯夫総理秘書官と面会した時の文書を、中村時広県知事が記者会見で、県の職員が報告のために記した備忘録だと認めた。そこには「首相案件」という文字列が記されている。知事は「職員が内容をいじる必然性は全くない」とまで言い切った。これはどう考えても、これまで安倍晋三総理大臣とその周辺が国会の答弁で語ってきたこととは大きく食い違う。

 2015年4月2日に総理官邸を訪問した計4人から知事が聞き取り調査をして確認したという。17年1月20日まで愛媛に獣医学部を作る計画などあるとは知らなかったと答えていた安倍氏の案件なのだから、これは虚偽か、重大な誤りがあるということは明白になった。いや、これまでも、状況からして明白ではあったのだが。

この記事は有料記事です。

残り1255文字(全文1609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです