メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

「首相案件」 「決定打」になりうるか

=松尾貴史さん作

 学校法人加計学園の獣医学部新設をめぐり、愛媛県と今治市の職員が総理官邸で当時の柳瀬唯夫総理秘書官と面会した時の文書を、中村時広県知事が記者会見で、県の職員が報告のために記した備忘録だと認めた。そこには「首相案件」という文字列が記されている。知事は「職員が内容をいじる必然性は全くない」とまで言い切った。これはどう考えても、これまで安倍晋三総理大臣とその周辺が国会の答弁で語ってきたこととは大きく食い違う。

 2015年4月2日に総理官邸を訪問した計4人から知事が聞き取り調査をして確認したという。17年1月…

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1609文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北首脳会談 両首脳が握手 金正恩氏初めて韓国側に
  2. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
  3. 南北首脳会談 文在寅氏も北朝鮮側へ 軍事境界線またぐ
  4. 南北首脳会談 きょう 北朝鮮、幹部勢ぞろい 韓国、「本気度」を注視
  5. ORICON NEWS メカゴジラとガンダムが夢の対決 『レディ・プレイヤー1』映像公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]