メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城

防潮堤工事ミスで22センチ高く 修正に数億円も

計画変更前のまま22センチ高く造られた防潮堤=気仙沼市で2018年4月14日午後3時45分、新井敦撮影

 宮城県気仙沼市魚町地区に建設中の防潮堤について、県は14日、工事ミスで一部完成部分の高さが22センチ高くなっていたことを明らかにした。同地区の防潮堤は、県が住民の要望を受け入れる形で、当初の計画から高さを下げ、4.1メートルとした経緯がある。県は工事を中止し、改めて住民の意向を聞いた上で対応を決めるが、同市中心街の復興事業がさらに遅れる懸念も出ている。

 同市役所で開かれた住民組織「内湾地区復興まちづくり協議会」の会議で県が説明した。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 月経周期の平均日数は年齢とともに変化 国立成育医療研究センターが発表

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです