メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア攻撃

安倍首相「米英仏の決意支持」

 安倍晋三首相は14日、米英仏軍によるシリア攻撃を受け、「化学兵器の使用は非人道的で断じて許せない。拡散と使用を許さないとの米英仏の決意を支持する」と表明した。一方で、軍事的な行動については「これ以上の事態の悪化を防ぐための措置と理解している」と語り、「支持」ではなく「理解」という表現にとどめた。

 昨年4月に米軍が単独でシリア攻撃に踏み切った際とほぼ同じ対応で、同盟国である米国への支持を表明する一方、国際法上の根拠が明確ではない軍事攻撃自体への支持表明は見送った。

 日本政府は9日にトランプ米大統領がシリア攻撃を示唆したことを受け、対応を協議していた。支持表明の段取りも検討済みだった。首相は17日から訪米する予定で、攻撃開始の約3時間後という速やかな支持表明は「日米同盟に配慮したもの」(外務省幹部)だった。首相は首相官邸で14日夕、情勢を分析するための国家安全保障会議(NSC)を開催した後、日米首脳会談でもシリアへの対応や中東情勢について意見を交わす考えを記…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 東証、一時1000円超安 新型コロナ感染拡大懸念で

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです