国会前デモ

「キャンドル」で沈黙の抗議

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会前でキャンドルやプラカードを手に、政権批判の集会を行う作家の澤地久枝さん(手前)=東京都千代田区で2018年4月14日午後6時23分、手塚耕一郎撮影
国会前でキャンドルやプラカードを手に、政権批判の集会を行う作家の澤地久枝さん(手前)=東京都千代田区で2018年4月14日午後6時23分、手塚耕一郎撮影

 東京・永田町の国会正門前で14日夕、ろうそくの形をした小型ライトを片手に、安倍晋三首相の退陣を求める「キャンドルデモ」が行われた。憲法改正に反対する「九条の会」の呼びかけ人の一人でノンフィクション作家の澤地久枝さんが提唱し、500人以上が参加。森友・加計両学園問題を抱える安倍政権に「沈黙」で抗議の意思を示した。

 韓国で朴槿恵(パク・クネ)前大統領の退陣につながった「ろうそく集会」を参考に、「日本でも沈黙で抗議を」と実施。国会前では日中、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」などが主催した大規模な抗議運動が繰り広げられたが、夕方から始まったキャンドルデモは対照的に穏やかな雰囲気で実施された。

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文781文字)

あわせて読みたい

注目の特集