メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア攻撃

米朝首脳会談、影響は限定的

 【ソウル渋江千春】米英仏によるシリア攻撃に対して、シリアと伝統的な友好国でもある北朝鮮は批判姿勢を強める可能性が高い。しかし、5月以降に予定される米朝首脳会談への影響は限定的だとみられる。

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とシリアのアサド大統領は記念日に祝電を送り合うなど関係が深い。化学兵器製造についても協力関係があったと指摘されている。ただ、北朝鮮の国営メディアは南北首脳会談と米朝対話について「(金委員…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです