メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア攻撃

米への恩返しか?英仏の事情は

 【ロンドン矢野純一、パリ賀有勇】米国とともに英国とフランスがシリア攻撃に踏み切った事情を探った。

 英国では先月、ロシアの元スパイが神経剤によって襲われる暗殺未遂事件が起きていたことが影響したようだ。メイ英首相は14日の記者会見で、「シリアや英国の街角で化学兵器を使用することが当たり前になることは許されない」と述べ、英国として初めてシリアのアサド政権に対する空爆に踏み切った理由を説明した。

 メイ氏は「ロシアが事件に関与した疑いが極めて高い」として、対露圧力のために米国や欧州各国に協力を要…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文838文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです