メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア攻撃

露、安保理に非難決議案「米英仏の侵略行為」

ロシアのネベンジャ国連大使(右)=2018年4月14日、AP

 【ワシントン高本耕太、カイロ篠田航一、ニューヨーク國枝すみれ】米英仏の3カ国は13日(米国時間)、シリアの首都ダマスカス近郊でアサド政権が化学兵器を使用したとして、シリアの化学兵器関連施設3カ所への軍事攻撃を実施した。トランプ米大統領はホワイトハウスでの演説で「3カ国は蛮行と残虐行為に対して正義の力を結集した」と述べた。一方、アサド政権を支援するロシアのプーチン大統領は3カ国の攻撃を「侵略行為」と断じて反発した。

 国連安全保障理事会は14日午前、緊急会合を開催。会合を要請したロシアは「米国と同盟国のシリア侵略は…

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1105文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  5. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです