メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操W杯

白井健三と村上茉愛が優勝 東京大会

男子個人総合で優勝した白井健三の床運動の演技=東京体育館で2018年4月14日、宮間俊樹撮影

 体操の個人総合で争うワールドカップ(W杯)東京大会は14日、東京体育館で行われ、男子は昨年の世界選手権銅メダルの白井健三(日体大)が86.064点で優勝し、谷川航(順大)が84.399点の2位に入った。内村航平(リンガーハット)は出場していない。女子は世界選手権4位の村上茉愛(まい)=日体大=が2位に2点近い大差をつけ、56.532点で優勝した。今春に日女体大に入学した杉原愛子(朝日生命)は6位だった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです