メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操W杯

白井健三と村上茉愛が優勝 東京大会

男子個人総合で優勝した白井健三の床運動の演技=東京体育館で2018年4月14日、宮間俊樹撮影

 体操の個人総合で争うワールドカップ(W杯)東京大会は14日、東京体育館で行われ、男子は昨年の世界選手権銅メダルの白井健三(日体大)が86.064点で優勝し、谷川航(順大)が84.399点の2位に入った。内村航平(リンガーハット)は出場していない。女子は世界選手権4位の村上茉愛(まい)=日体大=が2位に2点近い大差をつけ、56.532点で優勝した。今春に日女体大に入学した杉原愛子(朝日生命)は6位だった。

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文964文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです