メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

村田諒太は計量パス 15日、初防衛目指す

WBAミドル級世界戦の前日計量をパスし、ポーズをとる村田諒太(左)とエマヌエーレ・ブランダムラ=共同

 プロボクシングのダブル世界戦(15日、横浜アリーナ)の前日計量が14日、東京都内で行われ、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者で初防衛を目指す村田諒太(帝拳)は1回目でリミットちょうどの72.5キロでパスした。挑戦者で同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)も72.3キロで1回目でクリアした。

     村田は「今までと変わりなく減量ができた」とホッとした様子。日本選手で初となるミドル級での世界王座防衛に向けては「倒したい欲とか、邪念を抑えて試合に臨めることが大事だと考えている」と自らに言い聞かせるように話した。【飯山太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
    2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    3. 尼崎脱線 顔を20回以上手術 犬が支え「あきらめない」
    4. 結婚 俳優の松田翔太さん、モデルの秋元梢さんと
    5. 森友学園 国有地売却問題 佐川氏「役所守るため」 文書改ざんを事前了承 検察に供述

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]