中国版LINE

高齢利用者急増 50歳以上、6割が詐欺被害

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【上海・工藤哲】中国で知人同士の連絡や買い物の支払いなどで利用し、日常生活での重要度が増している中国版LINE(ライン)「微信」(ウィーチャット)について、50歳以上の利用者が急増している。中国でのスマートフォンを通じたサービスの急速な普及に伴い、使いこなす必要に迫られているためだが、悪質業者による詐欺の被害も相次いでいる。

 上海紙「新聞晨報」によると、50歳以上の「微信」利用者は、2015年には1263万人だったが、17年には55歳以上でも約4倍の5000万人に急増した。主にニュースの閲覧や動画の転送、祝い金の送金サービスで利用が広がっている。中国が「一人っ子政策」を進めた時に生まれ、親元を離れた子どもが、高齢になった親に付きそう時間の余裕がなく、離れた実家にスマートフォンを送り、利用を勧める例も少なくないという。

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文570文字)

あわせて読みたい

注目の特集