メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外来カマキリ

輸入竹ぼうきに卵、侵入 20都府県に 在来種駆逐の恐れ

 国内にいないはずのムネアカハラビロカマキリが新潟県から鹿児島県にかけての20都府県に広まっているのが確認され、中国から輸入した竹ぼうきに卵が付着して侵入しているとみられることが、東京都多摩動物公園などの研究チームの調査で分かった。既に一部地域で在来種のカマキリを駆逐している恐れがあるという。

 チームの神奈川県立生命の星・地球博物館の苅部治紀主任学芸員は「竹ぼうきを通じて侵入したのなら、他の外来種が入る原因にもなり得る。輸入時の…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです