メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

奥泉光さん(作家) 推理劇の手法で「今」を問う 戦争へ向かう近代緻密に『雪の階』刊行

作家の奥泉光さん=鶴谷真撮影

 作家、奥泉光さんが長大なミステリーロマン『雪の階(きざはし)』(中央公論新社)を著した。エンターテインメント性と純文学性を溶け合わせ、私たちの眼前の現実それ以上にリアルな小説世界を構築し続けてきた名手をして「1日に原稿用紙3枚(1200字)を書くのが限度だった」というほどの、すさまじい濃度と密度をもつ。

この記事は有料記事です。

残り1275文字(全文1428文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. カジノ法成立 それどころでは…被災地では嘆きの声
  4. 質問なるほドリ 歌丸さん、どんな病気だった? 慢性閉塞性肺疾患 患者の9割喫煙者=回答・高野聡
  5. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]