メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

笑いのない人生なんて

パペット用いた落語を追求 笑福亭鶴笑 自身消し去り、文楽のように

笑福亭鶴笑と「あたやま山」の主人公・けちべえ=山田夢留撮影

 先月、NHK「日本の話芸」で、笑福亭鶴笑(かくしょう)演じる「あたま山」が放送された。落語家や講談師の熟練の話芸を、たっぷり一席流す演芸番組。30年近く「パペット落語」を磨いてきた鶴笑はここで、「話芸」の枠に挑戦する「サイレント落語」を披露した。

 頭に桜の木が生えてしまった男が、引っこ抜いた後にできた池に身を投げて死ぬ。古典落語「あたま山」は奇想天外な噺(はなし)。「壁があると越えたくなるんです」と笑う鶴笑は、ビジュアルでこの噺を表現しようと、さまざまな仕掛けを凝らした主人公「ケチ兵衛」の人形を作った。森山直太朗の「さくら(独唱)」をBGMに言葉なしで描かれる物語には、笑いと切なさが同居。オリジナルの結末には「大切な人は記憶の中に生きる」というメッセージを込めた。

 噺家になって間もない頃、劇場の若い客に落語を聴いてもらえず悩み、「パペット落語」を編み出した。「飛…

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文905文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです