メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

笑いのない人生なんて

パペット用いた落語を追求 笑福亭鶴笑 自身消し去り、文楽のように

笑福亭鶴笑と「あたやま山」の主人公・けちべえ=山田夢留撮影

 先月、NHK「日本の話芸」で、笑福亭鶴笑(かくしょう)演じる「あたま山」が放送された。落語家や講談師の熟練の話芸を、たっぷり一席流す演芸番組。30年近く「パペット落語」を磨いてきた鶴笑はここで、「話芸」の枠に挑戦する「サイレント落語」を披露した。

 頭に桜の木が生えてしまった男が、引っこ抜いた後にできた池に身を投げて死ぬ。古典落語「あたま山」は奇想天外な噺(はなし)。「壁があると越えたくなるんです」と笑う鶴笑は、ビジュアルでこの噺を表現しようと、さまざまな仕掛けを凝らした主人公「ケチ兵衛」の人形を作った。森山直太朗の「さくら(独唱)」をBGMに言葉なしで描かれる物語には、笑いと切なさが同居。オリジナルの結末には「大切な人は記憶の中に生きる」というメッセージを込めた。

 噺家になって間もない頃、劇場の若い客に落語を聴いてもらえず悩み、「パペット落語」を編み出した。「飛…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです