メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童虐待

愛知県、連携を強化 児相把握、県警に情報提供

 増加する児童虐待に対応するため、愛知県は今月から、名古屋市を除く10カ所の児童相談所が対応したすべての虐待事案を県警に情報提供すると発表した。同県と県警が18日に協定を結ぶ。すべての情報をやりとりする仕組みは高知、茨城両県に次いで全国3例目。愛知県の児童虐待は2016年度まで7年連続で過去最多を更新しており、連携強化で被害の拡大防止を目指す…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 家庭内、会食、職場内…感染広がり「混合型、今が瀬戸際」 都内で新たに107人

  2. NHK、衛星放送含めた受信料全体の見直しを検討 有識者会議の提言受け

  3. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  4. 東京都「夜の街」への外出自粛要請 107人感染で知事「拡大警戒要する段階」

  5. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです