メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉里吉里忌

400人参加 故・井上ひさしさんの故郷・川西で 友人らが生前のエピソード紹介 /山形

 川西町出身の直木賞作家・劇作家の故井上ひさしさんを語り継ぐ「吉里吉里忌」(同実行委員会、同町、井上事務所主催)が15日、町フレンドリープラザ(同町上小松)で開かれ、全国から約400人が参加した。井上さんの代表的小説「吉里吉里人」にちなんで名づけたもので、今年で4回目。友人らが井上さんらしいユーモラスな生前のエピソードを紹介し、会場には笑いがあふれた。

 大学時代からの友人で企業コンサルタントの小川荘六さんは、「わが友井上ひさし」と題して講演し、上智大…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです