メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉里吉里忌

400人参加 故・井上ひさしさんの故郷・川西で 友人らが生前のエピソード紹介 /山形

 川西町出身の直木賞作家・劇作家の故井上ひさしさんを語り継ぐ「吉里吉里忌」(同実行委員会、同町、井上事務所主催)が15日、町フレンドリープラザ(同町上小松)で開かれ、全国から約400人が参加した。井上さんの代表的小説「吉里吉里人」にちなんで名づけたもので、今年で4回目。友人らが井上さんらしいユーモラスな生前のエピソードを紹介し、会場には笑いがあふれた。

 大学時代からの友人で企業コンサルタントの小川荘六さんは、「わが友井上ひさし」と題して講演し、上智大…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  4. キューバ 旅客機墜落 死者は110人に
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]