メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弘道館

「徳川慶喜肖像画」6点展示 羽石光志氏作、下絵は初公開 水戸 /茨城

 旧水戸藩校の「弘道館」(水戸市三の丸1)で、歴史画家・故羽石光志氏(1903~88年)が描いた「徳川慶喜肖像画」(縦100センチ、横71・5センチ)と、下絵5点を公開している。12月28日まで。肖像画は7年ぶり、下絵は初公開だ。

 徳川幕府最後の将軍・慶喜が、同館至善堂で謹慎してから今年で150年になることから企画された。肖像画は謹慎中の慶喜を描いたもので、1965年ごろの制作。以前は至善堂で飾っていたが、東…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  2. 愛媛県 養殖ブリの餌にチョコ 抗酸化、鮮やかな色保つ
  3. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  4. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです