メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中央道

富士吉田西桂IC開通 東京方面の利用可能 /山梨

 中央自動車道の富士吉田西桂スマートインターチェンジ(IC)が15日、一部開通し、東京方面の入り口と出口が利用できるようになった。ETC搭載車のみ通行可能となる。河口湖方面は5月に開通する予定。

     富士吉田西桂スマートICは、富士吉田市と西桂町の両自治体の境に位置する。都留ICから約9・6キロ、河口湖ICから約6・7キロの位置に建設された。

     県道富士吉田西桂線と連結する本線直結型で、1日2400台(東京方面2200台、河口湖方面200台)の通行が見込まれているという。

     富士吉田市小明見の市環境美化センターで開通式があり、後藤斎知事のほか、富士吉田市の堀内茂市長や西桂町の小林千尋町長ら70人が出席した。

     堀内市長は「市北部の玄関口となる。国道139号の渋滞緩和や観光、大規模災害時の避難、救急搬送などに役立つ」と述べた。【小田切敏雄】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 世界の雑記帳 英シャーロット王女が初登園、キャサリン妃撮影の写真を公開
    2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
    3. 世界の雑記帳 英ジョージ王子が初登校、緊張の面持ちで教室へ
    4. 森友文書改ざん 佐川前理財局長を事情聴取 大阪地検
    5. 覚醒剤密輸 家族旅行装い、夫婦逮捕 神奈川県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]