選挙

近江八幡市長選 小西氏が初当選 新庁舎中止に支持 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
滋賀・近江八幡市長選で当選確実となり万歳する小西理氏(右)ら=同市武佐の事務所で=2018年4月15日、礒野健一撮影
滋賀・近江八幡市長選で当選確実となり万歳する小西理氏(右)ら=同市武佐の事務所で=2018年4月15日、礒野健一撮影

 任期満了に伴う近江八幡市長選は15日投開票され、いずれも無所属で、新人の元衆院議員の小西理氏(59)が、現職で3選を目指した冨士谷英正氏(71)=自民、公明、維新推薦=を破り、初当選を果たした。当日有権者数は6万6163人(男3万2115人、女3万4048人)。投票率は49・97%(前回43・66%)だった。【蓮見新也、西村浩一、礒野健一】

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文567文字)

あわせて読みたい

注目の特集