メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国で働く

/38 おもや 「障害者」と「農業」つなぐ /滋賀

「自然栽培」をするサトイモの植え付け準備をする「おもや」の利用者ら。杉田健一さん(左から2人目)は「農業を障害者の自己実現の場に」と話す=滋賀県栗東市内で、土居和弘撮影

 「おいしかった。ありがとう」。手をかけ目をかけて育てた野菜や米に寄せられる言葉が、なにより励みになる。自分たちが社会の中で役立っていると実感できるから。NPO法人「縁活」(栗東市)が運営する「おもや」は、無農薬、無肥料の「自然栽培」による野菜や米、果実作りをする障害者就労支援事業所だ。近隣の農家などから借りた田畑約170アールで、毎日20人前後の障害者が農作業に汗を流している。【土居和弘】

 取材に訪れた日、栗東市内の法人事務所に近い畑ではサトイモを植える準備が進んでいた。おしゃべりをしな…

この記事は有料記事です。

残り2199文字(全文2446文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. 梅原猛さん死去 京都「お別れの会」 ユーモラスに厳かに 豪快逸話続々、惜別の歌も /京都
  4. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  5. 工藤会トップに6448万円賠償命令 一般人襲撃で福岡地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです