メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国保

財政運営移管で県、運営方針を策定 医療費適正化へ /鳥取

 県は、市町村から財政運営が移管した国民健康保険(国保)について、運営方針を策定した。医療費の適正化に向けた取り組みや保険料収納率の改善策などを盛り込んでいる。今年度から運用し、3年ごとに見直す。

 国保は、高齢者や低所得者層の加入者増が影響し、財政が不安定化。県内でも、財政運営が不安定になるリスクが高いとされる保険者(被保険者数3000人未満)は、全19市町村のうち9町村と、ほぼ半数を占める。国は財政基盤を立て直し市町村格差を解消するため、今年度から公費支援を拡充。都道府県が運営の中心的な役割を務めることになった。

 県内では加入者(被保険者)や加入率は減少する一方、医療費は約1989億円(2016年度)と増加傾向…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです