メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御幸祭

繁栄願い、行列練る 鳥取・宇倍神社 /鳥取

御幸祭の宮出しで、大みこしを担いで石段を下りる担ぎ手ら=鳥取市国府町宮下で、小野まなみ撮影

 宇倍神社(鳥取市国府町宮下)の例大祭が15日始まり、初日は「御幸(みゆき)祭」があった。氏子らが大みこしを担いで神社周辺を練り歩き、地区の繁栄を願っていた。

 同神社の例大祭は、江戸時代には既にあったとされる伝統行事。このうち御幸祭では大みこしのほか、子どもみこしや武者行列などが「御幸行列」として周辺地域5.5キロを練り歩く。今年は総勢約…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. 地震 茨城で震度4 津波の心配なし
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 訃報 マサ斎藤さん 75歳=プロレスラー
  5. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]