メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御幸祭

繁栄願い、行列練る 鳥取・宇倍神社 /鳥取

御幸祭の宮出しで、大みこしを担いで石段を下りる担ぎ手ら=鳥取市国府町宮下で、小野まなみ撮影

 宇倍神社(鳥取市国府町宮下)の例大祭が15日始まり、初日は「御幸(みゆき)祭」があった。氏子らが大みこしを担いで神社周辺を練り歩き、地区の繁栄を願っていた。

 同神社の例大祭は、江戸時代には既にあったとされる伝統行事。このうち御幸祭では大みこしのほか、子どもみこしや武者行列などが「御幸行列」として周辺地域5.5キロを練り歩く。今年は総勢約…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

  3. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  4. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その1) 乳がん検診停止、不安 英医療逼迫、98万人受けられず

  5. 神戸大、新型コロナ抗体薬研究へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです