メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米英仏

「シリア攻撃成功」 支持獲得へ情報戦 ロシア反発

ロシアが国連安保理に提出した米英仏3カ国のシリア攻撃を非難する決議案に反対するヘイリー米大使(右端)、ピアス英大使(右から2人目)。左端はロシアのネベンジャ大使=ニューヨークの国連本部で14日、ロイター

 【ワシントン高本耕太、ニューヨーク國枝すみれ、カイロ篠田航一】トランプ米大統領は14日、シリア政府の化学兵器関連施設への空爆で共同作戦を実施した英国のメイ首相、フランスのマクロン大統領とそれぞれ電話協議し「作戦の成功」を確認した。米政府は作戦の詳細に関し記者発表など対外発信を強化。攻撃の「正当性」と「成果」を強調し国際世論の支持を勝ち取る狙いがある。一方、シリアのアサド政権とシリアを支援するロシアは米英仏への非難を強めている。

 ホワイトハウスの声明によると、3首脳は共同作戦が「シリアによる将来の化学兵器使用を阻止するため必要な攻撃だった」との認識で一致した。

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  3. 観光客の救急搬送当面取りやめ 香川の離島・豊島 消防団「島民守れなくなる」

  4. ORICON NEWS キンプリ 新アルバム『L&』アートワーク&収録曲一挙公開 メンバープロデュース曲名も

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです