メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 60年代、山形で集団手術 施設、同意要求

不妊手術を受けたとされる女性(66)。知的障害者施設にいた頃に撮影した写真を見つめていた=山形県内で(画像の一部を加工しています)

 山形県立の知的障害者施設が1960年代、女性入所者に対し、旧優生保護法(48~96年)に基づく不妊手術への同意書を取った上で集団で手術を受けさせていたことが複数の証言から明らかになった。入所者の家族は取材に「同意しなければ施設にいられなかった」と語り、当時の職員も不妊手術が「暗黙の了解」だったと認めた。県も、集団で手術を受けさせられたとの訴えを把握しており、この施設を含め三つの県立施設の当時の実態を調査する方針。施設による集団手術の強制が判明したのは初めて。(3面に「旧優生保護法を問う」スウェーデンルポ)

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1254文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 働く高齢者、年金上乗せ 65~70歳 保険料納付翌年から 厚労省提案

  5. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです