メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

訪米 日米、危うい結束

日米双方は会談で何を求めるか

 安倍晋三首相とトランプ米大統領は17、18両日、米南部フロリダ州で会談する。米朝首脳会談を前に北朝鮮の核・ミサイル問題への対応について協議。米側が日本も対象に発動した鉄鋼・アルミニウムの輸入制限など通商問題も議題となる。安全保障と通商政策をリンクさせることをためらわないトランプ氏だけに会談の行方は予断を許さず、これまで通り「強固な日米同盟」を示すことができるか不透明感が漂う。

 会場はトランプ氏が所有する高級会員制リゾート「マララーゴ」。ボルトン大統領補佐官や谷内正太郎国家安全保障局長ら安保担当の高官が同席する協議も行い、北朝鮮情勢を分析。一連の会談の後、共同記者会見に臨む。米政府高官は13日、「大統領は、北東アジアの安全保障に関する首相の見解を重視し、助言を求めるだろう」と述べた。

 一方、首相は14日の大阪市での講演で「核・ミサイル問題についてトランプ氏としっかり話をし、南北首脳会談、米朝首脳会談における私たちの基本的な方針を固めたい」と語った。首相は「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」が目標であることを確認し、核施設の無能力化など計画を元に戻せない「不可逆的な行動」を北朝鮮が取るまで圧力を緩めないとの方針で一致したい考えだ。拉致問題についても米朝首脳会談の議題とするよう…

この記事は有料記事です。

残り1264文字(全文1810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・塩村文夏議員の看板壊される 世田谷の事務所、郵便受けも被害

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです