メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

スウェーデン、手術2万人 「福祉国家」も強制不妊 男性「人生戻らない」

スウェーデンでの強制不妊手術で医師によって書き込まれた患者の手術申請書=3月

 「福祉国家」として知られる北欧スウェーデンでは、1935年から75年まで強制的な不妊手術が行われていた。97年に同国のジャーナリストが告発するまで、22年間歴史に埋もれていた。同国政府は報道直後に調査委員会を設置し、短期間で補償を実現した。ストックホルム郊外に住み17歳の時に強制不妊手術を受けさせられた男性(90)が取り戻せない人生の心の内を語った。【ストックホルムで矢野純一】

 取材は、容姿なども特定されたくないという理由で男性の自宅の玄関ドアを挟んで行った。

この記事は有料記事です。

残り2375文字(全文2608文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  3. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. わこ盲導犬贈呈プロジェクト 30頭で活動に終止符 視覚障害者支援は継続 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです