メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米英仏

シリア攻撃 英仏、米との結束前面 ロシアへ対抗軸

米軍のミサイル攻撃で破壊されたシリア中部ホムス近郊の化学兵器関連施設。米国防総省が14日公開した=AP

 英仏両国は米国主導のシリア政府の化学兵器関連施設への空爆参加で、米国との結束を印象づけた。両国には、トランプ米大統領の差別的な発言や国際的な気候変動の枠組みに反対する姿勢などへの反発も残るが、シリアのアサド政権を支援するロシアに対抗する強いメッセージを発することで一致した。【パリ賀有勇、ロンドン矢野純一】

この記事は有料記事です。

残り2296文字(全文2450文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行き場のない「核のごみ」 国内最終処分、議論も始まらず
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 大阪市立科学館 リニューアル リアルな星空を再現 高性能の投影機話題に /大阪
  4. 被爆遺構の本格発掘始まる 広島平和記念公園内
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです