メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

20世紀の面影、マニラホテル

ダグラス・マッカーサーの執務室で、「元帥の椅子」から指示のまねごとをする男の子=マニラホテルで

 老舗ホテルには、長い歴史に培われた独特のムードがある。クラシックな雰囲気を楽しもうと、各地のホテルを泊まり歩く人も少なくないだろう。フィリピン最古の「マニラホテル」で、過ぎ去った20世紀に思いをはせた。

 ●国賓級が宿泊

 マニラホテルは、日本で明治時代が終わった1912年の開業だ。16世紀にフィリピンを征服したスペイン人たちが築いた城塞(じょうさい)地区の旧市街「イントラムロス」に面し、賓客を迎え始めた。マニラのランドマークで今も国賓級が泊まる。玄関では、空港の保安検査場と同じ金属探知機による手荷物検査があり、爆発物探知犬も働く。ロビーの高い天井には豪華なシャンデリア。奥のステージで小編成の楽団が生演奏を披露している。

 資料館「ヘリテージ・ミュージアム」。ゲストブックに直筆サインが残る。宇宙飛行士のニール・アームスト…

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです