メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展

「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 おかしみ、浪花で脈々と あす開幕 大阪市立美術館

 ユーモアとウイットにあふれた愉快な戯画を集めた特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎(きょうさい)まで」が17日、大阪市天王寺区の大阪市立美術館で開幕する。戯画の原点の一つとされる大坂発祥の「鳥羽絵」をはじめ、葛飾北斎や歌川国芳、河鍋暁斎らによる江戸時代の浮世絵や版本など約280件を紹介。笑いの文化が花開いた浪花の地で、人気絵師によって脈々と受け継がれてきた豊かな笑いのエッセンスが楽しめる。【清水有香】

この記事は有料記事です。

残り1237文字(全文1445文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです