メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展

「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 おかしみ、浪花で脈々と あす開幕 大阪市立美術館

 ユーモアとウイットにあふれた愉快な戯画を集めた特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎(きょうさい)まで」が17日、大阪市天王寺区の大阪市立美術館で開幕する。戯画の原点の一つとされる大坂発祥の「鳥羽絵」をはじめ、葛飾北斎や歌川国芳、河鍋暁斎らによる江戸時代の浮世絵や版本など約280件を紹介。笑いの文化が花開いた浪花の地で、人気絵師によって脈々と受け継がれてきた豊かな笑いのエッセンスが楽しめる。【清水有香】

この記事は有料記事です。

残り1237文字(全文1445文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  5. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです