メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

影山貴彦のテレビ燦々

抜群の面白さ「宮本から君へ」 心打つ「生きることの苦さ」

 <影山貴彦のテレビ燦々(さんさん)>

 「宮本から君へ」。1990年から94年にかけて、雑誌「モーニング」(講談社)に連載された、新井英樹の漫画だ。2009年には、太田出版から豪華本が刊行された。都内の文具メーカーの営業マンとして働く主人公・宮本浩が、壁にぶつかり、生きる意味に思い悩みながら一歩一歩成長してゆく姿を描いた秀作で熱烈なファンも多い。

 「宮本から君へ」が、テレビ東京制作でこの春ドラマ化される。しかも主人公を演じるのは池松壮亮だと知り…

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文742文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 冬のボーナス 公務員県一般職、平均は88万3874円 /長崎
  2. 医療用麻薬乱用容疑、40代女性医師が死亡 仙台中央署が書類送検へ
  3. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです