メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

ダブル世界戦 村田、TKO初防衛 ミドル級、日本人初 比嘉は初黒星

 プロボクシングのダブル世界戦が15日、横浜アリーナで行われ、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者で2012年ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(32)=帝拳=が、同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(38)=イタリア=に八回TKO勝ちし、日本選手で初めて同級王座の防衛に成功した。

 ミドル級はこれまで日本選手が獲得した世界タイトルで最重量階級。1995年には竹原慎二が初めて王座を獲得したが、防衛には失敗した。村田の戦績は15戦14勝(11KO)1敗。

 体重超過で世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座を剥奪された比嘉大吾(22)=白井・具志堅スポ…

この記事は有料記事です。

残り1264文字(全文1543文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  3. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  4. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです