メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋田犬ステーション

命つなぐ拠点に 保護施設オープン 

秋田犬ステーション内を歩き回る秋田犬と外から呼びかける親子=秋田市中通1のエリアなかいちで、2018年4月15日、川口峻撮影

 秋田犬の保護や観光を目的とした施設「秋田犬ステーション」が15日、秋田市の「エリアなかいち」内にオープンした。

 この日はオープンセレモニーがあり、施設を運営する一般社団法人「ONE FOR AKITA」の三浦廣巳理事長が「(施設は)保護された秋田犬が活躍する場として、命をつなぐ拠点。観光拠点としても機能を果たしたい」とあいさつした。

 その後テープカットが行われ、集まった人たちは「かわいいね」「こっち向いて」などと声をかけて秋田犬にカメラを向けていた。

 同施設で見学できるのは2、3頭で、現時点で生後10カ月~3歳。犬へのストレスを考慮して触れることはできないが、写真撮影やグッズ購入ができる。毎週火、木、土、日曜の午前11時~午後3時。

 さらに同日、JR秋田駅西口にも「秋田犬サテライトステーション」が開設された。秋田杉を使ったケージが用意され、1日2回、犬が同駅まで散歩する際の休憩場所として使われる。【川口峻】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  2. スポットライト 小池徹平さん 自由のために戦う
  3. 殺人未遂 男性刺され重傷 通り魔の可能性 千葉の路上
  4. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
  5. のぞき 「5年間で300回」 容疑で教諭逮捕 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]