メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウミガメ

保護へ 産卵期前に一斉清掃 津の海岸

海岸に漂着した木ぎれなどを拾い集める市民ら=三重県津市高洲町で2018年4月15日、田中功一撮影

 ウミガメの産卵シーズンを前に、津市高洲町の海岸で15日、清掃活動があった。保護に取り組む「ウミガメネットワーク」(津市、米川弥寿代会長)の呼び掛けに応じた市民らが漂着した流木などを取り除いた。毎年、会員らが個別に清掃活動をしてきたが、産卵シーズン前に大規模な活動をするのは初めて。【田中功一】

 伊勢湾沿岸では例年、5月中旬から7月にアカウミガメが産卵し、8~10月にふ化し、海に戻る。昨年は例年以上の上陸が確認され、津市内の海岸では上陸が21回あり、そのうち15カ所で産卵があった。高洲町の海岸でも…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです