メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌山県

高齢者虐待が最多147人 社会認知で通報増加

和歌山県内の高齢者虐待の推移

 和歌山県が公表した2016年度の高齢者虐待調査で、家族や親族による虐待に関する相談・通報が240件、実際に被害が確認されたのは147人と、いずれも06年度の調査開始以来最多になった。県は「高齢者虐待が社会問題として認知され、相談・通報が増えているのではないか」と分析している。【高橋真志】

 市町村に寄せられた相談・通報の調査結果を県がまとめた。

 被害者147人のうち、85%が女性だった。全体の6割にあたる88人が要介護認定を受けており、体が不…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文685文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです