メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

のいち動物公園

ユーラシアカワウソの赤ちゃん誕生 

先月誕生したユーラシアカワウソの赤ちゃん(県立のいち動物公園提供)

ニホンカワウソに極めて近い種

 高知県立のいち動物公園(香南市野市町大谷)でこのほど、ユーラシアカワウソの赤ちゃんが生まれた。園でのユーラシアカワウソの繁殖は23年ぶり。

 ユーラシア大陸や北アフリカに生息し、太くて長い尾が特徴。絶滅種に指定されたニホンカワウソに極めて近い種とされている。

 赤ちゃんの父親は「へレス」(7歳)、母…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文348文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. モルディブ 野党連合のソリ氏、大統領に
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 教育の窓 ランドセルが重い 教材置いてっていいですか
  5. 「灯り路」 秋夜に浮かぶ中山道 柔らかな光楽しむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです