メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

のいち動物公園

ユーラシアカワウソの赤ちゃん誕生 

先月誕生したユーラシアカワウソの赤ちゃん(県立のいち動物公園提供)

ニホンカワウソに極めて近い種

 高知県立のいち動物公園(香南市野市町大谷)でこのほど、ユーラシアカワウソの赤ちゃんが生まれた。園でのユーラシアカワウソの繁殖は23年ぶり。

 ユーラシア大陸や北アフリカに生息し、太くて長い尾が特徴。絶滅種に指定されたニホンカワウソに極めて近い種とされている。

 赤ちゃんの父親は「へレス」(7歳)、母…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文348文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪万博 招致戦略の見直し急務 150カ国参加目指すもコロナで「白紙」に

  2. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  3. 大阪で新たに318人感染 300人超は2日ぶり 新型コロナ

  4. 首相、医師会長に「全力でやる」 官邸で面会 医療体制逼迫など訴え

  5. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです