メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04年高2刺殺

わいせつ目的で侵入 容疑者供述

廿日市署に移送される鹿嶋学容疑者=山口市小郡下郷の山口南署で13日午前10時15分、脇山隆俊撮影

 広島県廿日市市で2004年、高校2年の北口聡美さん(当時17歳)が自宅で刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕された山口県宇部市の会社員、鹿嶋学容疑者(35)が、わいせつ目的で侵入したという趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材で分かった。遺体に着衣の乱れや暴行を受けた形跡はなく、盗み目的などの可能性も含め、広島県警は動機の解明を慎重に進める。

 事件は04年10月5日、女子生徒が帰宅後に離れ2階の自室に向かった後、午後3時ごろに発生した。侵入した男に気付いて1階に逃げる際、刃物で刺されたとみられる。

 捜査関係者によると、鹿嶋容疑者はこれまでの調べに「廿日市市には通りすがりで来て、偶然見かけて後をつけた」「騒がれたので刺した」などの趣旨を供述。現場の部屋が物色された形跡はなかったという。

 県警は鹿嶋容疑者は女子生徒と面識はないとみており、帰宅途中など何らかの機会に見かけた鹿嶋容疑者が、侵入した可能性があるとみている。【小山美砂、東久保逸夫、坂野日向子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  2. 和歌山妻殺害 容疑で逮捕の夫、不倫相手との新生活望む
  3. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  4. クローズアップ2018 毎日新聞世論調査 内閣支持率、続落30% 「危険水域」寸前 麻生氏処遇、難局に
  5. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]